FC2ブログ

②「家選びと捨て犬捕獲作戦」

今度は、十分気合を入れて捕獲に臨みました。

今回は、ダンボール箱には近づこうとしないので、手で捕まえることにしました。

いつものように、犬にフードを食べさせ、集中して食べ始めたのを見計らって、すかさず両手で犬をロック!

気合も十分で、がちっと捕まえました。

しかし、あろうことか、犬はまだ若く、左右の揺さぶりが思った以上に強烈です。

うなぎをつかむ難しさと同じで、スルッと手から滑り落ち、又も、逃がしてしまいました。

ここで学んだこと。

それは、気合だけでは不十分だということ。

すなわち、犬のことを良く知り、そして、それにふさわしい捕まえる方法なり、戦術を組み立てないと、失敗するということです。

しばし、考えた挙句、次は、地面にネットをしかけ、その上に、落ち葉を敷き、カモフラージュさせて、犬が入ってきたら、4隅からネットを4人で引き上げるという作戦を立てました。

そして、翌日、近所の方々の協力の下、4人で神社に向かいました。

時間は朝の6時。まだ、人影もまばらなタイミングを狙って、ネットの上に落ち葉をかぶせ、フードを置き、犬が来るのを待ち構えました。

案の定、犬がやってきました。
そして、犬はネットの真ん中で、フードを食べ始めました。

チャンス到来!

今、まさに、絶妙なタイミングでした。

しかし、あろうことか、4人の内、一人がいない。

犬を探しにどこかに行かれたのでした。

しかし、今、まさに、絶好のチャンスです。

已む無く、3人でネットを上げ、捕獲することにしました。

一、 二の三、の静かな掛け声で、ネットを持ち上げました。

すると見事犬は、ネットの中に入り、捕獲に成功しました。

しかし、その時、又もやハプニングが生じたのです。

ネットを持ち上げたまではよかったのですが、3人の身長がバラバラで、背の高い私が、ネットを高く、しかも、強く持ち上げたために、

ネットにたわみができ、犬が反転し、そのたわんだところから犬は逃げ出してしまったのです。

全員に深いため息が漏れました。

「今度は、捕まえられたのに…」「むつかしいんやね…」

成功したつもりが、一瞬で暗転し、挫折感を味わいました。

ここで、学んだこと。

それは、「チームワークが必要」ということです。

気合や戦術が満たされていても、チームワークが乱れるとうまくいきません。

そして、とうとう3度も失敗するうちに、犬は神社からいなくなってしまいました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

家選びの体験を伝え合う

Author:家選びの体験を伝え合う
かつて、家を買い、家をつくる経験をしました。しかし、知識と経験不足はいかんともしがたく、色々な失敗を経験しました。少しでも、これから、家を買われる方、つくられる方のご参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。