新外断熱はもう古い

新外断熱はもう古い

外断熱の問題点をいくつか列挙しておられます

1、外断熱でも結露する

2、シロアリ対策には注意が必要

3、屋根直下の断熱材が夏やせ

4、重さに耐えられない

5、外断熱は中断熱レベルの家

などなど


著者曰く

「熱が移動する3原則は、輻射、伝導、対流です。このうち、人が身体で感じる熱移動の比率は、輻射が75%、伝導が、20%、対流が5%。
つまり、外断熱にしても内断熱にしても、断熱材だけでは、25%しか防ぐことができないのです。
実際に残りの75%もある輻射熱などがあるため熱移動を防ぐことは出来ませんでした。」

そこで、著者は、FP工法を土台として、二重通気、二重遮熱、二重断熱工法による
外断熱と内断熱のコラボレーション住宅を提唱しておられます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

家選びの体験を伝え合う

Author:家選びの体験を伝え合う
かつて、家を買い、家をつくる経験をしました。しかし、知識と経験不足はいかんともしがたく、色々な失敗を経験しました。少しでも、これから、家を買われる方、つくられる方のご参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。